お、お前か。スマップをつぶしたのは

初めて顔を拝見したわ



ジャニーズの藤島ジュリー景子社長がテレビで謝罪会見していた。

「この人なのか、この女がスマップを追い詰めた犯人か」とシミジミと見入る。

会見の内容も「とんでもない、あるまじきこと」ではある。
でも内容よりも「スマップを追い詰めたのはこいつか」と私の目から苛立ちのビームがでていたはず、きっと。

そして きっとそんなビームを出していたのは私だけではないはず。
日本中のスマップファンも、そういう目で見たのではないかなー。
(↑私の独断ですw)

se_smap_kae.png

生霊を飛ばすのは本意ではないんだけどね



「恨む」とか「憎しみ」は(解散から時間がたったので)薄れているかもしれない。
でも「こいつかー!」という「苛立ち」はついつい湧いちゃうよね。
生霊を飛ばすつもりはないけれど、(意思に反して)飛んじゃっているかも><

別にいまさら「不幸になれ」なんて呪う気持ちもない。
でも 姿を目撃したことで何らかのものが繋がっちゃっている気がする。
おいっ

大スターや人気者は大勢のファンの声援を浴びている。

大島弓子さんのマンガのワンシーン。
亡くなった女の子が(軽い気持ちでスターのそばに近づいてみよう♪)と ふわふわと近寄ろうとしたら
これまたファンの生霊?死霊のみなさんが ガッチリとスターを取り巻いて守って?いて 近づこうともはじかれちゃう。

ほんとかどうか知らないが、そういうこともあるのかもね と子供心に感じた。





頑張ってー♪という声援・応援がスターの分厚いオーラの元なのか、
スター本人から発されるものがオーラとなるのか、
そんなの分からないけどね。

自分も 誰かの「イラっとした思い」を受けないよう(浴びないよう)に身を正して暮らしたいものだなー。









スマップの姿を載せたくても もう販売されてないもんね(涙)

この記事へのコメント