テンパってもいいことは一つもない

困ったり悲しかったり色々あると、体調にもくる。
胸のところがザワザワしたり、ズーンと重かったり。

何でも 自分のこととして受け止め、
何とかしなくちゃ どうしよう と考えたり動いたりしていると
もう しんどくなる。

歯茎が腫れあがるのだって そう、ハッキリいいましょう。
原因はストレスです。(キッパリ)

だから、
せめて自分自身のこと以外には ざわと距離を置くことを覚えたい。
その修行中。w

その1

「お母さん、○○することを覚えておいて♪」
→「自分でカレンダーにメモしてごらん。母さんの脳みそに負荷をかけると、早く呆けるかもよ^^」

その2

「○○しておいて」
→「ん? 自分でできるでしょう♪頑張れ♪」

その3

見込みが悪くて 段取りが甘くて、詰めが甘くて困った状況に陥っている子に対して、

せっせと世話をして 私がなんとかしようとするのでなく、
『困っているのは私ではない。困っているのは私ではない』と呪文を唱え、「どうしようー!?」とパニクり血圧上げぬよう傍観者でいる努力をする。もちろんそのうえで助けを求められれば 出来る範囲のことをする。

なんか100本ノック?って気もするよ。
一本一本を 心に負荷を掛けずに 軽く打ち返したいものです。

se_mune_te.png

なんでもかんでも引き受けることを止めるということ、
でも それは例えば(親として)無責任では困るわけで なんともイヤハヤ辛いところです。

全然そんなの私の仕事じゃないモンって言い切るのは、ヒトとしてどうなの?
または きちんとした社会人として世に送り出していくべきじゃん、とか 葛藤はある。

線引きがムツカシイ。

まあ、ちょっと引いて見ると
良い子に育っているとはいえましょう。もしかして私の欲求水準が高いのか?とも考えてしまう。

でもねー、
自分が社会人であって、こんな子が新入社員として入ってきたら頭を抱えるよなー なんてことを考えると やっぱり黙ってはいられない?

ただ 自分を振り返って その年代の頃にどれだけ自分はしっかりしていたか?なんて考えたら・・・
笑うしかない。しょうがない。え?w

まあ私を受け止めてきてくれた先輩諸氏に頭を下げるしかない???キャー


というわけで、
『困っているのは私ではない』の呪文を唱えつつも 控えめに口を出す母であった。え?w



デジカメを持って 電動自転車でウロウロするのが今の私の癒し♪
エコモードで100km走れるので遠出もお気楽♪

では~
posted by まるっと at 15:20Comment(0)ブログ

筋トレで体内の水分量が上がる?

乾燥の冬

色づいた葉っぱが枝とともに 風にぶんぶん揺れている。
なんでしょう、この寒さは。

歩いていて ちょっと気持ちが暗くなるのは
多分 晴れに慣れ過ぎているせい?

気圧などで 体調や気分が影響を受けるのはしょうがない。
だって人間は水分が6割ともいうもの。

気圧や 月の満ち欠けや 潮の満ち引きに 作用されるもの。
人間だもの 暗くもなるよ、と言い聞かせて散歩。w

赤ちゃんのみずみずしさからは程遠く、
見も心も 枯れにむかって進んでいるようです。><;

se_kin_tore.png


うるおい・水分は筋肉にある

ところで血液やリンパ液は横においておいて
水分は筋肉に多く含まれるそう。脂肪ではなくてね。

だから筋肉の落ちていく老人は水分量が少ない。まさに枯れかけ?
だから こまめにお茶を飲みましょう、とは よく聞くハナシ。

ん?
水分は筋肉に?
老いてはいないつもりだが うるおいに欠けているのは 筋肉量のせいかと思い至る。

ダウンジャケットならぬ脂肪ジャケットを身につけているから?水分不足を感じるのかな?

白湯を飲んでも 尿として出るばかりで 人体のうるおいに回っていない感が気になっていた。
そうか、筋トレか。
なけなしの筋肉をそのまま退化させるのでなく 少しでも増やさねば。

筋肉がつくまでは 加湿器か部屋干しで

冬は乾燥するので 喉や鼻の粘膜が乾燥して苦しい。
人体がパサパサして?寝入るにも息苦しい。

なので 冬は夜に洗濯して部屋干しするのが常だった。
寝る前に ぬれたタオルを部屋でバサバサふって部屋の湿度を上げないと寝られない。

ん~♪
筋肉量が増えたら このシンドサから逃れられるかな?
今は自分の家で暮らしているからいいけれど
入院とか老人ホームでも入った日には エアコンで乾燥した空気の部屋にはいられず息苦しいはず。
いったいどうなるのだろう?などと心配していたけれど 筋肉をつければ変われるかな?

なんか方策がありそうで 嬉しい♪

加湿器は 離れた部屋がカビつきそうで躊躇している。
でも躊躇なく加湿器を使用して 部屋の換気もして 結露パトロールをした方がいいのかな?

植木屋さんが使うような大きな脚立に乗らないと拭けないような小窓の結露はどうしたらいいのかな?
見えないのをいいことに放置している恐ろしさよ。w

大掃除が怖い。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

はしご 伸縮 5.0m 折りたたみ 脚立
価格:16800円(税込、送料無料) (2017/11/19時点)





では~
posted by まるっと at 15:03Comment(0)ブログ

こたつバイク?なにそれ?欲しい!w

段々自転車に乗るにも寒くなってきましたね。
私の大好きな「まるべん」のくっしーさんが「こたつバイク」の記事をアップされていました。

くっしーさんの記事はこちら


こたつバイク、欲しい~@@;

se_kotatu_life.png

昔はバイクや自転車に 雨風をよけるためのハンドルカバーがついているのをよく見かけました。
指先が凍えなくていい♪
今では見かけない。お店にも 着けて走っている人も。


そういえばなんか書いたっけ、と過去記事を探してみたら

涼しさ対策 2016-10-13

そうそう、防寒エプロン・防寒スカートが欲しかったっけ。
でも こたつバイクは それを大きく上回っていました。@@;

中国はホントに寒いから こういうニーズがあるのね~。
日本だと とても寒い地域は 雪で怖くて自転車やバイクは走らせられないものね。
子どもの頃から 雪の風景はTVとかで見慣れていた。
だから世界のあちこちに同じ風景があるのだと思っていた。

でも 人間が住んでいる地域でこんなにもドカドカ雪が降り積もるのは日本ぐらいなんですってね。
だから 世界の国の人にしたら 富山や新潟のドカ雪風景と熱燗の露天風呂なんて わぁお♪よね。


楽天で「こたつバイク」を探してみた。
あるはずもない。w

でも こんなのは見つけたよ。




こちらも♪


でも最高に欲しいのは足がぬくぬくのこちら♪



もう、なにこれ、最高♪
雪かきの友か~。
ダウンもいいけど 色々あるのね~。
猛暑用に 衣服の中に扇風機やクーラーってのも見かけた。 必要は発明の母だね~。@@; あ~日本でもこたつバイクが流行らないかな~(他力本願w)

では~
posted by まるっと at 12:23Comment(0)ブログ

横向き寝は、顔肉がたるむ?

じっくりと自分の顔を眺めることはなかった。
顔を洗う時も シミにシルクモアを塗るときも 部分的には眺めても 全体像を見ることは久しくなかった。



最近、眼鏡を新調したの。

眼鏡屋で いろいろなフレームをかけたり外したりする。
鏡でフレームのみを見るわけではない。
自分の顔をじっくり見て その顔とフレームが似合っているかをチェックする。

愕然としたよ。><;

だって
そこには自分の頭の中に描いていた自分の顔とは かけ離れた顔があったの。
プリッとしたほほ肉は力なく下がり、あごの境はどこへ?

ブルドック?
ドラマでよく見る疲れたおばちゃん?

いや、これ 私じゃないし。
みんな ちょっとー、あなたたちの目に映る私は 私じゃないよ。
もっと実物はいいはず!
(↑ よくある勘違いw)

眼鏡がどうのよりも そっちのが脳内を駆け巡る。

・・・。
よく見ないうちにw こんなことになっていたのね。

se_nounai_image.png

最近は乾燥も激しい。
空気のみならず お肌もだ。

今まで見たいに 化粧水をパンパンでは 駄目だわ。
お肌を持ち上げるべくマッサージあいうべ体操もしくはきくち体操をしなくちゃね。

しくしく。


そして、ダメ押しが昨日の夜。
横向きに寝ていたら、子が「お母さん、しかめっ面をしたらダメ。眉間にシワができちゃうよ」という。
力なんて初めから入れているつもりはなかったけれど とりあえず眉間の力を抜いてみた。
「まだダメ」

「力は入れていないけど、もしかして?」と横向きから上向きに転んでみた。
見ていた子が「上向きになったらシワが消えた」という。

つまり顔肉がたるんでいたのよ。
横向きだと顔肉が重力落下でシワが出現。

えーーーーーっ!@@;
イビキ防止、口開けて寝るのを防止しようと横向きに寝ているのに。
そのせいでシワ!?

上向き
・睡眠時無呼吸の可能性
・それによる血圧上昇の懸念
・それに伴う血管の老化および

横向き寝
・顔肉が垂れてシワが深くなる


どうする自分!?

50代乙女の悩みは尽きない!?w

お肉パツパツだと充実しているから?垂れない。
痩せてくると?お肉に力がなくなると?垂れる。

痩せて安心できるものではないね。
痩せるからこそ?お肌のハリを保つ努力をしなければいけないんだなー。

そうか、だから世の中は「ハリがツヤが」と美容液がもてはやされるんだね。
自前のお肉でまかなっていたので? そんな努力はしてこなかったわ。

これから頑張るモン。
(今からで間に合うのか?@@;)


↓ 電気のいらない可愛い加湿器♪いいかも♪



では~
posted by まるっと at 16:49Comment(0)ブログ

目がパッチリ視界が広がるビタミンCにビックリ

ビタミンCについて書くと言いつつ
毎度のごとく放置しています。わはは。

以下は 私が体験したこと そしてそう思ったこと。

だから 症状が似ているからと言って体質・原因が違ったら
あなたにも当てはまるかどうかは 分かりません。

でも参考になる方がおられたら嬉しい限りっす。

ビタミンCよ、ありがとう~♪

・目の疲れから回復(全回復ではない)
・視界が広がる(まぶたがあがった?)
・歯茎の安定(全回復ではない)

上記の点で ビタミンCにより 改善されました。
ぱふ ぱふ ぱふーーー♪

se_lemon.png

目の疲れ

重くてだるくて 目の奥から疲れがぶら下ってる感があった。
肩や背中が凝っているの?とほぐしてみたがダメ。
しっかり寝てみても うーん。
疲れの蓄積だから そうも簡単に取れないのかな?

そう思っていたのに

目が軽く♪
目の上に薄い膜がはってるような感覚は残っているけれど、目の重さ疲れは消えました。


視界が広がる

見える範囲が広い。
横も広がったが、縦の広がりがハッキリ違う。

何がこうも違うんだろう?と考えた。
まぶたが上がったために よく見えるんじゃない!?

鏡の前で確認したけれど
まぶたの所在をいつも確かめているわけではないのでね・・・?
はて?あがりました?
下がってはいないけれど?

「ビタミンCで まぶたが上がる」ってわかっていたら
使用前・使用後みたいに鏡でチェックしておけたのにな~。
残念。

私自身は確認できていないけれど
多分まぶたがクイッと上がったのだと思う。

どなたか ビタミンCを飲んでみて、
「あ!本当だ!視界が広がった!まぶたがあがった!」
と確認出来たら 教えて頂けないかしら?

確認してどうするって?
どうしよう? え?

確認しても仕方が無いか。え?(混乱中)


歯茎の安定

・赤黒く腫れていた歯茎。
・歯磨きによる出血も毎度。・ときどきプックリと水膨れ?ができる。

上記症状が治まった?

・歯茎の色は改善 赤黒い → 薄ピンクに
・歯磨きによる出血は少量あり
・腫れは残っている
・水膨れ状のもの いまのところ無し


ビタミンCの効用

ビタミンCの効用に
・肉体疲労時、妊娠・授乳期、病中病後の体力低下時・老年期
・しみ・そばかす・日やけ・かぶれによる色素沈着
・出血予防:歯茎からの出血、鼻出血

上記はタケダビタミンCの箱の説明文から。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ビタミンC「タケダ」300錠【第3類医薬品】【RCP】10P23Apr16
価格:2462円(税込、送料別) (2017/10/27時点)




よくみると、
もっと当たり前にビタミンCを摂取すべきだったってこと?

・肉体疲労時
・妊娠・授乳期

そういう時に摂ればいいなんて知らなかったよ。
妊婦さん雑誌にも

・バランスの良い食事
・鉄分

のことはあってもビタミンCのことなんて見た覚えがない。
私だけ?

うーむ、ビタミンCは当たり前に大事って理解はしていたけれど
こんなに大事とは知らなかったかも。><;

ドラッグストアでもビタミンCのコーナーには
美白
がメインよね。もっとお姉さま!?に範囲を広げれば
ビトンハイ?
これは昔 母も飲んでいたなー。


[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ビトン-ハイ リッチECB2+B6(60包)ビトンハイリッチECB2+B6【第3...
価格:3715円(税込、送料別) (2017/10/27時点)




主薬であるビタミンCは、皮膚の粘膜の正常な働きを助けるとともに抗酸化作用を持っています。肌のはりと潤いに必要なコラーゲンの生成に欠かせない成分であり、日やけ、しみの原因となるメラトニン色素の沈着を防ぎます。
お? 抗酸化作用?
アンチエイジングの好物じゃないの~♪

ビタミンCは、当たり前に大事 の知識だけで
本当に大切ー!ってのは分かってなかったんだね>自分

というわけで ビタミンCを取りながら
自分がどう変わっていくのかを観察するのであった。

いや~知ってしまったからには
また一段とキレイになっちゃう~? え?


↓ 1Kgの粉末でこのお値段。@@;
 中国産だけど迷っちゃう。口コミもとても評判がいいの。




では~
posted by まるっと at 14:23Comment(0)ブログ