気分も体調も、天候や気圧に左右されることを実感

昨日の朝は、晴れ渡る青空を見上げながら 用事で外出。
春の日差しと 気温で 鼻歌もでる。

例年よりも遅れて咲いている梅が満開なのを眺める。
うきうき~♪



でも次第に、空の雲行きが怪しくなり どんよりなく雲くも。
そうしたら何故か気分もグレーに。

あれ?あれ?
先ほどまでスカッと晴れ渡っていましたよね?私?
単純なまでに天気にリンク。@@;

やっぱり、お日様パワーって凄かったのね。
気付かずに恩恵を受けていたんだ、と実感。
se_kiatu_kibunn.png
人間は60%は水分でできています。(成人の場合)
↑懐かしの「生物」の授業で習ったな。w

だから潮の満ち引きや 天候からくる気圧が 水分でできている人体に影響を与えるのは当然?
人体に影響があって それが気分にどう影響するのかは よく分からないけれど。コラッw

まあ、気分が落ち込むことがあっても
「天気がこうだからしょうがないよね~♪」って気楽に流せたらいいね!


これが、自分がものすごく落ち込んでいたりすると
「なぜ自分は大変なのに こんなに空が青いのだ!」って八つ当たりの気分もわかる。www

チューリップの「ブルースカイ」ね。

se_blue_sky.png

気圧により?体液や血液が体内で滞りブルー?
なら 強制的に流したらいいんかな?

ならば、ゆる体操がいいじゃん、と体を揺らしてみる。
強張って固まっている自分をゆらゆら揺らしてほぐしてみる。

いいかも。
本と首っ引きでゆるゆるするのもいいけれど、ゆる体操教室に通ってみようかな~。


決定版ゆる体操 脳と体の疲れを取って健康になる (PHPビジュアル実用books) [ 高岡英夫 ]


この記事へのコメント