朗報♪ 骨に埋もれている親知らずが痛みだすことへの恐怖が薄れた話

何に浮かれていたのか

前回の記事、スーパーでの私のボケ具合に、真剣にガックリした。
でも その日は とてもいいニュースがあったので それで浮かれていたのか?とも思う。

そのいいニュースとは親知らずについて。




横向きで骨に埋もれる親知らず

私には、まだ 下の親知らずが1本残っている。

もう一方の下の親知らずを抜くときは、大変な目に遭った。
その痛みと恐怖が年々経ってもリアルなので のこっている親知らずのことが常々心配だった。

残っている歯は、あごの骨に真横に埋まっている。
なので もし腫れなどで歯を取り除くときには、骨を切って取りだすと聞いている。

神経もそばを走っているので術後にしびれなどがでる人もいるらしい。
だから 術前には そのことに関する書類にサインも必要。

つまり 訴えられないように?><;

長年、その親知らずのことは頭の片隅にあり怖かった。
何ごとも起こらず、腫れも痛みもせず 墓まで連れていきたいと思っていた。

ところが、今回の歯周病の治療後の説明の際に聞いたところによると
名医もいるし、新たな術法もあるらしい♪@@ノ


難しい親知らずに朗報

愛知学院大学歯学部付属病院には”難抜歯外来”なんていう 聞いたこともない診療科がある。
「この病院のなんちゃら先生の方法が~」って話を 歯周病の説明の際についでに 若い歯科医さんから聞いた。

横向き親知らずの除去
・・・先生の名前は忘れちゃったわ。病院名だけしっかり頭に刻んで帰った。w

で、そのなんちゃら先生の方法は

・ザックリ骨を切らなくてもよい
・真横に生えている親知らずの頭の部分だけを あごの骨を含め切り取る
・だから骨も歯も切るのは最小
・傷口を閉じる

すると 時間がたつと(普通に食生活を送っていると)、
歯が中央部に向かってくる。

誰でも歯は 時間とともに 中央に寄ってくるらしい。

つまり、頭のなくなった親知らずちゃんは 自然に切り取られた頭の方に進んでくる。
このままで 腫れなきゃOKなのかな?

腫れたら 改めて その奥から中央部(ここでは下の前歯を指す)に ずんこずんこして取りやすい部分にでてきた親知らずを抜く。

つまり ざっくりあごの骨を切り取らなくても 最小の切り取りで済む。身体に負担がかかりにくい。


一回で済ませることが重要なんじゃない

それって 複数回手術がいるじゃん って思う?

でもね、一回で済ませようと 大きく骨を除去するってのは

・神経に障るかも
・後遺症の起こりやすさ
・骨の除去による体の負担
・術中・術後の痛み

それを考えると複数の手術でも一回ずつの負担が少ない方が断然いい!

大口を開けたまま「取れない~どうしよう~ グイッとやってみましょう」なんて 歯科医同士が相談されるよりいい!
何回も麻酔が切れて痛みだしてから何度も麻酔の注射をされるよりいい!
またひどい目に遭うかもという恐怖心から解放されていい!


脳のどこかが解放された感ありw

ホッとした。
歯周病の問題は置いておいて、親知らずの(問題は起こっていないけれど将来あるかもという恐怖)問題から解放されたのでした。

なお、よせばいいのに「愛知学院大学歯学部 親知らず」でググってみた。
でるわ、でるわの体験談。@@;

歯の根っこがグイッと90度曲がっている歯も キレイに取れていた。

ん? これだったら複数回でなく一回で取れちゃうのかも?と思ったり。
歯の状況は個人で違うので詳しくは分かりませんが。

とんでも無い歯の持ち主もさくさく順調に手術され回復されているご様子。
そして先生が丁寧で優しいらしい。←これ大切よね。患者はもともと恐怖心があるからね。

長年の悩み(まだ悩む段階でなくても常に頭の片隅にある恐怖)から解放された喜びを分かってもらえるかしら?w


歯周病については また今度。><;


<広告>


この記事へのコメント