歯茎が下がる → 知覚過敏に?

歯周病治療中の まるっとです。



先日、歯茎に麻酔をかけて痛みを感じない状態にしておいて、
長い器具で歯茎の中をゴリゴリキーンと掃除をしてもらいました。

これで無事終了もう心配ありません状態 への帰還を強く望んでいます。w

se_ha_souji.png


知覚過敏になる可能性もある

掃除後の説明で、

・上手くいけば、歯石を取って歯茎が歯の根元にぴたっとくっつく
歯茎の腫れも引く
・ただし 腫れが引くということは ぶよっとしていた部分がキュッと引き締まるということ 
・つまり 歯茎がこれまでよりも下がる
・歯の 今まで歯茎で守られていた部分が露出するので 知覚過敏になるかも

と知らされました。

知りたくもない知識がどんどん増えます。涙


知覚過敏への対処は

・シュミテクトを使う
・○○を塗る

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

薬用シュミテクト デイリーケア+ 90g
価格:373円(税込、送料別) (2017/12/11時点)




もし知覚過敏の症状が出たら、CMでよくみるシュミテクトがいいと勧められました。
効くそうです。へ~@@

それでも症状が激しい場合は、
歯科で なんちゃらというもので歯をコーティングすることもできます、とも聞きました。

何を塗るのかは覚えていません。
緊張する治療で グッタリしていたから。w

とりあえず 知覚過敏の可能性と 対処法を聞きふむふむ。
対処法を前もって教えてもらえると 安心感につながります。


知覚過敏になった(涙)

治療の翌日はなんともなかったけれど、治療の翌々日から 滲みる。><;
冷たい液体を口に含むと 歯の根っこが冷え冷えとし 背筋がゾクッとする。

来ーたーかー。><;

歯磨き後のラクレッシュマウスウォッシュを口に入れた途端、
ひえ~ゾクッ。w

クチュクチュする前に 口に入れてから舌の上で液を温めないと 哀しいことに。w

私の歯茎は 下前歯の外側(くちびるにくっつく側)が溶けて減っているのに
なぜかゾクゾクするのは 下前歯の内側(口の中側)。

きっと冷たさや痛さを感じる神経も どこが痛むのやらどこが冷たいのやら 混線しているのでしょうね。
一時的な神経の混線なのか 知覚過敏への道に進むのかは不明。
くわばらくわばら。







今季一番の寒空に その格好で外へ出るというのか

認知機能が低下したためなのか?
はたまた 加齢により暑さ寒さに鈍感になったのか?
時々 え?という服装で外出しようとする。




老「ちょっと散歩に行ってくる」
ま「え?もっと暖かい格好をしてくださいね」
老「大丈夫」

ま「 ( 大丈夫って・・・大丈夫じゃないし ) 」
老「ちょっとそのあたりを歩くだけだ」


”普通はこうだ”レベルの話をしてもラチがあかないので

・そんな薄着で外出させたら 近所のみなさんに私が叱られます
・そんな薄着で寒風の外に出たら「ついに呆けたな」と近所の人に思われますよ

と言ってみた。

se_boketato.png
でも、
「ついに呆けたな」と思われますよ のセリフの後で、
「もう呆けているけどね」と心の中で 大きな声でつぶやいたのは内緒だよ。w



posted by まるっと at 18:00Comment(0)介護

歯周病の治療 覚え書き><;

歯の定期検診で やっと「様子を見ましょう」以外の展開になりホッとしたまるっとです。



年に何回も定期検診で
歯石などの掃除・歯周ポケットの深さ測りをしているのに
歯茎の腫れには薬を塗って「これで様子を見ましょう」と繰り返されて一年半

「様子を見ましょう」ってのは都合の良い言葉ですね。

se_yousu_wo.png
なにも不思議に思わずに「そうか、様子を見ればよいのか」と思っていた私はまるきり間抜けです。
歯科医も歯科衛生士も 自分は責任は負わずに済むんだ。
責任の先送り。
次回も自分の担当って決まっている訳じゃないし。

そうやって先送りすることで歯の根の骨は 炎症により吸収されて溶けていったのね。(悲)

20年通っていて うかつにも信頼しきっていたので 自分で考えるということを怠っていた私の落ち度。
しくしく。

過去に戻って 過去の自分に言ってやりたいわ。

「様子を見る」ってあいまいな表現に騙されないで 何をどう様子を見るのか? どうなったらアクションを起こすのか? 自分のことには自分で責任を持て

って。><;

そしたら歯茎の骨が溶けだす前に対処できたんじゃね?


定期検診で くいさがる

りんごをかじらなくても歯茎から血がでます状態。
歯茎は赤黒くぶよっと感もあり、膿が豆上に溜まる。

以前の豆はもっと歯との境目付近にあった。
でも今回は 歯との境目から1cmほど下に。こんなの初めて。

一月前の定期検診での「様子を見ましょう」の医師の言葉に、

「いつまで様子を見るんですか?一年半ずっと「様子を見ましょう」状態なのですが」
と食い下がり、2週間後の予約を確保。
当日は歯の掃除と 歯周ポケットに薬を挿す。


二週間後(様子の確認)

歯茎の豆上の腫れが引かず。
歯周ポケットに薬を挿す。

飲み薬の抗生物質を処方。
(腫れたままだと治療ができないから)

se_ha_kusuri.jpg

飲み薬の四日目から豆上の腫れが引く。


その二週間後(歯周病治療)

一応 腫れが引いたので 治療に。

麻酔の注射針の痛みを避けるために 針を刺す付近を麻酔薬を塗る。

その2段階の麻酔で麻酔をかけたのち、
歯茎の歯周ポケットの中をガリガリ掃除。

奥深くに器具を差し込まれ 歯石を削り取る・こすり取る・ひっかき取るのは 力任せ。
歯科衛生士のかたも 指やら肩やらに力をこめて きっと疲れたに違いない。

申し訳ないな~と思いつつも 心は半べそ。w

手は拳にギュッとにぎりしめ 足先は緊張でカチコチ。
場所が深くてイタタ><; なので再度麻酔をして ガリガリ キーン♪

全身が緊張して力が入ります。
いくら麻酔をしても石を引っかけ引っ張る感じはリアル。
ガリガリキシキシに ひ~><;状態。

麻酔をしても 知覚過敏的なものは 無関係らしく、
冷たい風を送られたり 振動が伝わる度に 歯茎が冷え冷えとして 背筋に緊張が走る。

その後、再度 歯周ポケットに薬を注入し 殺菌して終了。

心身ともにグッタリ。 心身疲労とはこのことか ってな感じ。w

前日は 治療がイヤさに めっちゃブルーで沈んでいたのが やっと終わった。
完璧に終わったのではなく「とりあえず」終わったのだけど。


これで終わる?

これで状態が落ち着けば良し。
腫れなきゃOK?
もし状態が変わらなければ、歯茎を切開して(ロリと見やすい状態紙にて)再度 歯の掃除をするそうだ。
歯垢・歯石が歯周病菌の住みかとなるから 掃除して殺菌して 歯茎を縫っておしまい。

切るのか @@;
そして また ガリゴリキーンと全身虚脱か ><;

先のことを心配してもしょうがないので?取りあえず掃除した歯周ポケット部分の 歯茎のお肉と骨部分が無事に密着してくれるのを待つわ。

♪わたし 待~つ~わ~ いつまでもじゃないけど 待~つ~わ~♪ でございます。w


とりあえず ストレスなく体に負荷のかからない健康状態を目指すのあります。
ハー(ため息)


”ちょっと変”でもいいんじゃない?

集団の中で浮いてしまう・・・小学1年生の1割、発達障害か
yahooニュースより

中学一年女子のエピソードを取り上げている。
部活の試合で駅に集合と決められた。
グループの子たちが「私たちはコンビニで集合して それから駅まで一緒に行きましょう」と提案。
女の子は「面倒くさいから私は一人で行く」と返答。
結局 女の子は存在が浮いて 変な子扱いをされて 部活を止めることに。

se_kemunpasu.png
え?
これって変? 普通じゃないの?
キャピキャピ喋りながら歩くことを 誰もが好きなわけじゃないと思う。
面倒がって 一人で行動して 何が悪い?

てか、ちょっと変わっていてもそれを許容しない側、
「そういう人もいるよね」って理解しない側に問題は無いのか不思議だ。


このニュースを読んだ時に え?私のこと?と思ったわけ。
群れるのが好きではないので。

私も発達障害? あ~そういうところあるかも、生きにくいかも とチラリと思った。

でも、
はて?そうなの? と考え直した。
これは、この文章を書いた人の意見じゃないの?

それで また違う記事を思い出した。
「相対的貧困」についての記事だった。
詳しい内容は忘れた。え?w

でも読んだ人が「え? 私って貧しかったの?」なんてことをわざわざ?思いこませるような、一体なんのための、何を言いたくて書いたのか?と思わせる文だった。

何かに注目して分析・区分したいのは分かる。
それが学者なんだろうね。

でも はて?と思う。
それって 区分をつけて 名前を付けて 区別することに どれだけの意味がある?って。

こういうのが発達障害だから 気を付けて導いてあげましょう的な上から目線の 不快さを感じた。
あれ?
私、自分が発達障害扱いになって イラッと来たのか?w

うーん、文を書いた人のエピソードが 内容にふさわしくない 適切でないエピソードを持ってきただけのこと?
そうかも?

お年頃の女子のだれもが 友達とキャピキャピおしゃべりするのが楽しいはず っていうお定まりのワクが どうもねー。頭が固いのでは?これで発達障害なら 世の中、発達障害だらけだわ。

”その”グループでは受け入れられなくても、ちゃんと受け止め・受け入れてくれる人がいればいいのにね。
もしくは ひとりで考え、生きていく強さを得られたら。


「生きていてごめんなさい」的な思いを抱いていたにしても 年かさを増すと図太くなれますわよ。w
って おばちゃんがいってみても なんの足しにもならないか。><;





↑ 副題は「5人全員発達障がいの家族を守るための”取扱説明書”」とある。
分かり易い丁寧な解説で 本人の苦労と家族のサポートが描かれていてる。
へ~ そういうこともあるんだ@@; とまずは「知る」ことが大事よね。

様々な個性の人が お互いに理解し尊重することが 結局は みんなが生きやすい社会を作る。
障害を特別視するのでなく ともに生きていけるスベを探せたらいいな。


では~
posted by まるっと at 23:39Comment(0)毒吐き

「麻酔注射が痛くないように前もって麻酔をする」誰が思いついたの?ありがとう(涙)

私が子供の頃は 歯の治療で 歯茎に麻酔の注射をグサッと刺すのは当たり前でした。

歯の治療よりその麻酔針の痛みが 容赦なかった。
子が乳歯を抜くとき?に 麻酔針を打つ前に
脱脂綿?か何かに 麻酔を浸して 歯茎に当てた。

これで注射針の痛みから解放された。
スゴイね。@@;
医療の進歩?
患者側に立った治療?
se_ha_masui.png
あ、でも せっかちな歯科医が 麻酔が効いてくる前に麻酔針を挿してきて痛いときがあるのだそう。
「麻酔がまだ効いていない」のクレームをなぜ歯科医に告げない? > 子

本日は 深い歯周ポケットの中をゴリゴリキーン♪と掃除。
歯周病の治療というヤツですな。

そのおかげで昨日からブルーで心の弾まない生活でした。w
とりあえずは 終わった。

治療後は ぐったり脱力して心身とも疲労深し。w
麻酔をするっていっても 痛いんだわ。滲みるんだわ。

もう こんな目には会いたくない。
軟弱だね。お腹を切ったわけじゃないのに。><;

とりあえず歯茎の回復を祈ろう。
これでダメならば 歯茎を切開しての「掃除」になるそうだ。

やーめーてー(泣)
歯のことに捕らわれ ダイエットどころではなかったけれど
体重は一体どうなっているのか? きゃーこわいー。


↓ 昨日からはこちらの乳酸菌タブレットを使用。
歯磨き後に口の中で溶かし、口の中にいきわたらせるの。







いい菌をいきわたらせ、悪い菌(歯周病菌など)を制御する。
とりあえず この30粒は使用する予定。

今日の治療が無駄にならず、追加治療を避けるために必死よ。笑
他にも 歯周病にいいと言われるものを 楽天のセールでがっちりゲット。
また おいおいカキコします。
カンジダ菌やら 寄生虫やら 知らなかった世界が~。@@;


ん?乳酸菌といえばL8020のこれ↓でもよかったのでは?





チュチュベビーは子ども用って思い込んでいたかも。汗;
次回はチュチュベビーも試してみよう。

歯磨きジェルもマウスウォッシュもL8020を使ているし。
このジェルは研磨剤など使用していなくて 歯にも優しい。刺激も無くて 翌朝の口の中のサッパリ感♪





といいつつも いろいろ歯磨きグッズが増えていくのであった。
コレクターかよ。w


では~